交通事故で怪我をした場合まず何をすればいいか?

まず交通事故お起こしたら

警察に連絡するのが義務です!

これは、怪我をしている、怪我をしてない

など関係なく警察に届けたほうがいいです。

なぜならもめごとになる可能性があるからです。

その時は大丈夫です。

といっていても後から言ってきたり、

交通事故の事故証明を取っていなければ

自分の過失割合が低いにも関わらず、それが証明

できなければ、この交通事故では加害者が下手したら

100%悪いことになります。

被害者もその時は興奮してて後でやっぱり痛いな

と思い不安になってくることもありますよね。

それならまだいいのですが、

交通事故はお金が絡んできます。

慰謝料というものです。

交通事故,自賠責保険,支払基準

慰謝料の記事は以前に書いてますのでそちらをご参照

ください。

検索 慰謝料 慰謝料は通院しなければもらえない・・・

そこが知りたい!交通事故の豆知識:自動車保険

慰謝料の種類は?交通事故の場合

事故にあった時の通院回数と慰謝料の関係

そこが知りたい!交通事故の豆知識:自賠責保険の支払基準

 

この慰謝料欲しさに後から言ってくることもあります。

仮に警察を呼んで事故証明をしっかりしてれば、

自分の保険会社さんに電話していただき、対応

してもらえばいいだけです。

ですから、どんな些細な交通事故でも警察にはしっかり

とどけてくださいね。

 

加害者で怪我がなければ加害者はあとは自身の保険会社

にいちを連絡をいれておけばいいでしょう。

 

交通事故にあったが怪我がない場合

 

被害者の方で怪我を特にされてなければいいのですが、

違和感などがあれば病院に言っておきましょう。

できれば3日以内に病院には行ったほうがいいと思います

この3日以内に病院に行ったほうがいいというのは

交通事故から日にちがたつとその痛みはほんとに交通事故

からなの!?

というふうに交通事故で負傷した怪我という根拠

が薄くなるからです。

ですから軽い症状でもすぐに病院に行って診断書は

もらっておきましょう。

 

交通事故の怪我で行う治療の種類

 

  • 鍼灸治療
  • 特殊電気治療
  • 手技療法
  • 牽引療法
  • 超短波治療

など色々あります。

交通事故にあって病院や整骨院で治療にいたる流れ

どれも効果はありますが、人によってあうあわないという事が

ありますので、慎重に交通事故の怪我の治療方針を考えなく

なくてはなりません。

次にやるべきことはしっかり通院することです。

交通事故で怪我をした被害者の方からすればなんで

そんなこと強要されなければならないいんだ!

仕事や用事もあるし週に1回

ぐらいしか通院は難しい!

など言う方もおられるのですが、

交通事故の怪我はある程度、統計学に基づいて治療の

期間が大体予測されます。

ですからその期間内に通院努力はしなければ、

交通事故の怪我の痛みがほとんど軽減しないまま、

治療の打ち切りにもなってしましますので注意しなくては

なりません。

「でも痛いのに治療をなぜ終了しないといけないの?」

言い方がきついいかもしれませんが、

痛い!

という感覚はあなただけの感覚なのでそれを証明できる

ものってなにもないですよね!?

化学が進めば痛いか感覚を神経につなげて痛みの交通事故の怪我の

痛みの度合いを数値化できる時代がもしかしたら

来るかもしれませんが・・・・・・

今のところないです^^;

なので証明は難しいですよね!

 

通院頻度で交通事故の怪我の酷さはわかるのか?

これもあなたが保険会社さんの職員だったと想像

してみてください。

週1回治療しか言ってない方

週5回治療にいってる方

さぁ!

そちらの怪我がひどいと思いますか!?

当然5回治療に言ってる方が怪我がひどいんだな・・・

と思いませんか?

「でも仕事や家の用事があるんです」

それは非常にわかります!ですが

仕事・用事 > 怪我の痛み

という事になりますね|д゚)

「なんか納得いかない・・・」

そのお気持ちも非常にわかりますが、現実はこのように

なってしまうのです。

事件を起こした時でも状況証拠ってあるじゃないですか?

交通事故の怪我でも私は非常にこの痛みがつらいんだ。

という状況証拠が必要だという事です。

通院の頻度=症状のつらさ

という解釈もできるということです。

シビアな話かもしれないですが^^;

裁判して自分の交通事故の怪我の事ををしっかり

裁判官に状況や証拠などをだして納得して

もらえるのか!?

という観点で最悪考えておななければならない

という事になります。

「自分は被害者なのになんでそんな事言われなければ

なんないんだ!!」

と激怒する方もおられるとはおもいますが、

怒ってもなにも変わりませんよ~

よく相手の保険会社さんに怒る方いるのですが、

あくまでも加害者保障の代理人ですから、

罵声を浴びせれば、人間ですからいい気もしませんし

そんな事したら新味になんてなってくれるはずも

ありませんからね~

結局何が言いたいかと言いますと、

しっかり検査と治療をしましょうという事です(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

吹田市 山田東 ハートフル鍼灸整骨院からでした。