オスグッド治療|吹田市・摂津市・箕面市 ハートフル鍼灸整骨院

オスグッド病を特殊電流治療や骨格矯正治療で素早く治す吹田市のハートフル鍼灸整骨院

オスグッド病になりやすいスポーツ期

スポーツ障害の代表的なものに、オスグッド病があります。

オスグッド病は、サッカーやバスケットボールなどのスポーツをされている方に多くあらわれるスポーツ障害です。

特に中学生や高校生など、身体がいちばん成長する時期にあらわれることが多いために、成長痛と混同して考えられてしまうこともあるのですが、オスグッド病は専門的なスポーツ障害治療を受けることによって早期改善が見込めます。

吹田市のハートフル鍼灸整骨院では、オスグッドのつらい痛みを早期に取り除くために、エグゼという特殊電流治療を取り入れております。エグゼは、EPNFの3代目の治療器具で、神経と筋の再生を目的としており、さまざまな痛みを素早く解消していくことが出来ます。

ハートフル鍼灸整骨院の治療でエグゼを使用する場合は、(保険外500円+一部保険負担金)1ヶ月フリーPASS 3,000円という料金体系になっております。

さらにオスグッド病の症状を根本から改善していくために、患部への治療だけではなく、全身の骨格のゆがみなどを矯正していくこともあります。オスグッド病の痛みの程度や原因には個人差がありますので、ハートフル鍼灸整骨院ではお一人お一人に最適な治療を組み合わせて施していきます。

オスグッド、膝痛のテーピング治療

この動画では、オスグッドの治療に効果的なテーピング方法を実演で詳しくお伝えしています。 ご自宅でテーピングするときの参考にしていただければと思います。

オスグッド病のお悩みにお答えします

オスグッドは身長が伸びる時に多い?

オスグットの正式名称はオスグッド・シュラッター病という名前で、10~15歳の男の子に多く見られる膝下の痛みです。
特に、ジャンプをするスポーツ、ボールを蹴るスポーツ、膝を酷使しているスポーツをする子供に多くみられ、スポーツ障害とも呼ばれる部類の症状です。

痛みの原因は、骨の柔らかい時期に、激しい運動と膝付近の筋肉の付着している箇所が引っ張られ、膝下の骨が隆起したり、剥がれてしまったりすることで炎症が起こります。
成長期の骨は非常に柔らかい状態にありますが、筋肉は骨と同じように成長していません。筋肉も成長してはいますが、骨の成長にはついていけてない状態なのです。

また、オスグット病になりやすい原因としては、膝付近の筋肉の付着している箇所は、軟骨でできているため、骨の成長よりも遅い筋肉によって、強い引っ張りが加わると膝下の骨が隆起したり、剥がれてしまったりするのです。

このようなスポーツ障害のほとんどは、身長が伸びる前に発症し始めます。
なので、オスグッドは成長痛の一種と呼ばれることもありますが、医学的にはその関連性は認められていません。

オスグッドが成長痛と言われる由来としては、成長期の子供に多い症状であることが一番の理由であると考えられています。
身長が伸びる機序は、骨端線で軟骨細胞が増殖し、少しずつ骨組織へと変化していき骨全体の長さを伸ばし、身長が伸びていきます。

オスグッド病の症状は、膝の間接部分に発症します。
したがって、軟骨細胞が増殖する骨端線には影響しておらず、骨の成長を妨げるようなことがありません。

膝の痛みが始まるということは、成長が始まっていることを意味します。
したがって、スポーツや練習をしたいことは十分理解できますが、焦らずに十分に休息するか別メニューをこなし、症状を完治させることがとても大切なことです。

そのようなときは、成長が始まっていることを意味していることを意識しながら、特に食事(栄養バランスなど)に気をつけ、しっかりと睡眠をとるように心がけましょう。
骨の成長に必要な成長ホルモンは、夜10時ぐらいからが、一番生成されると言われています。
スポーツをするためには、体格も重要な要素になります。オスグッドになって練習ができなくなることに不安を抱えるよりも、成長していることを大事に理解しながら生活してみること大事です。

オスグッドの後遺症を予防するストレッチ方法

オスグッドの正式名称は、オスグッド・シュラッター病と言い、10歳から15歳ぐらいの跳躍系スポーツや、ボールを蹴る、膝を酷使するスポーツや運動などのスポーツをしている子供たちに多く見られるスポーツ障害の一種です。

痛みの原因は、膝の関節部分に発症します。 成長期の骨の柔らかい時期に激しい運動等で、太ももの前の筋肉が強く引っ張られることにより、筋肉との付着部分が引っ張られ、膝下の骨が隆起したり、剥がれてしまったりすることで炎症が起き、痛みが発生します。

また、成長期には骨も急成長をしていますが、筋肉や腱などの部分は、同じように成長しておらず、上記のような症状が発症してしまいます。

痛みが発生すると、痛みが原因で運動能力が低下してしまいますので、痛みが発生した場合には、スポーツや練習を中止しや、別メニュー等で完全に完治することが大切です。

完治しないまま続けていると、異常骨形成が起き、成人になってからの運動により、再び強い力が加わってしまうと、その異常骨形成部分に痛みが発生してしまいます。

この成人になってから発生した症状がオスグッド後遺症と呼ばれます。

オスグッド後遺症を予防するには、以下の2つがポイントになります。

①成長期で発症してしまった症状を完治させる
②筋肉の柔軟性の向上

成人になってから起こりやすいオスグッド後遺症ですが、運動を始める前や運動後には筋肉のストレッチが有効です。

ポイントとしては、太ももを適度に伸ばすことです。 適度とは曖昧ですが、簡単な方法は正座です。

背筋を伸ばし、足の親指を重ねない状態で行います。

もしこの状態で痛みが出る場合には、すぐに中止してください。 痛みが出ない範囲から進めます。

正座する時間も少しずつから始め、出来るようになってから時間を増やします。

また、筋肉は連動して動いているため、下半身の筋肉を和らげることを意識することが重要です。

ふくらはぎや足首も入念にストレッチをします。

また、筋肉の血行を良くすることで柔軟性を高めます。両手で太ももの側面部分を挟み、上下に捻るようにします。

数秒後、両手を離し、再度これを繰り返し行います。

目安としては、10回程度行います。

足の付け根部分、太ももの中間部、太ももと膝の付け根部分を行います。

サッカーする子はオスグッドになりやすいのでしょうか?

人は生まれたときから成長することが多く、常に自分を高めたいと考えている人は珍しくありません。

周りが子供だと思っていても、本人は強い意志で自分を高めようとしていることがあります。
本人の向上心が良い形で結果を出すといいのですが、中には無理をしてしまうこともあるでしょう。

大人ならある程度セーブできても、子供はセーブの仕方を知らないこともあるため、怪我に繋がることも珍しくありません。

特に、真面目で責任感のある子供ほど、無理をする傾向があります。
子供の健康を守るためにも、大人が子供の変化に気づく必要があるでしょう。

子供は心も身体も成長していることが多く、今までできなかったことが、急にできることもあります。
サッカーのように、今までできなかった技ができると、つい夢中になって繰り返すことも珍しくないです。

身体の成長とともにキック力も向上し、今まで以上にボールを蹴る回数が増えると、身体への負担も大きくなります。

特に、オスグッド 症状はサッカーをする子供に多く見られるでしょう。
ジャンプやキックといった動作を繰り返すと、膝の下あたりに痛みを感じることもあります。

子供の成長痛と勘違いすることもありますが、成長痛は一時的な痛みなのに比べて、オスグッド 症状は痛みが続くことが珍しくないのです。

指導者が正しい知識を持っていると、子供を休ませる等対処できますが、知識不足だと症状に気づかずに悪化させてしまうこともあります。
痛みを感じていても責任感から周りに黙っていることもあるため、大人側が子供の変化に気づく必要があるでしょう。

症状が出たときは、サッカーの練習を休むなどして、悪化させないようにします。

練習をする前にストレッチを丁寧に行い、オスグッドを防ぐのもいいでしょう。

子供がいつもと違う動きをしていないか、指導者側は常に注意しないといけません。
練習等での使いすぎの他にも、筋力が強すぎて症状が出ることもあります。

大人なら自分の口で症状を伝えることができますが、子供はそうでないことが少なくありません。

また、レギュラーを取れたばかりの頃は、痛みがあっても黙っていることが珍しくないでしょう。
無理をして身体を痛めてしまわないように、スポーツを行うときに説明しておくといいかもしれません。

サッカーを指導するときは、少数の大人が多数の子供を見ることが多いため、他の子供にも周りの人が痛そうにしていないか確認してもらうのもいいでしょう。

オスグッドの治し方は大人も同じか?

オスグッドとは主に、10歳から15歳ぐらいの少年によく見られる膝の関節痛のスポーツ障害で、お皿の少し下の部分にある、骨のところがポッコリと膨らみ、押すと痛むようになるスポーツ障害です。
これをオスグッドといいます。

オスグッドと同じような症状でジャンパー膝というものありますが、痛む部位がオスグッドより少しだけ下になります。
このスポーツ障害の症状はまた、走ったり、ジャンプしたり、屈伸するなどの動作をしても痛みます。
サッカーなど、特に脚をよく使うスポーツをしている少年に多く見られるスポーツ障害で、スポーツによって身体を使い過ぎることからくると考えられています。
太ももの筋肉を使い過ぎることで、そこにある骨の一部が剥がれてしまうのです。

しかし、スポーツをしていない人にも現れることがありますし、時として大人になっても、オスグッドの症状が出る方もいます。
ですからスポーツ障害の中でも多いものです。

スポーツ障害の常識としては、治し方は、とにかく痛みのある間はスポーツなどの激しい動作はせず、身体を休めることが基本です。

スポーツなどで膝を使うと痛みが出るが、おとなしくしていれば痛まないという人から、激痛が走るという人まで、痛みにはかなり個人差があります。
痛みをとる治療としては抗炎症性の鎮痛剤があり、また、超音波治療や低周波治療などもオスグッドのようなスポーツ障害のものには効果があります。

年少者の場合、成長すると自然に症状が治まることが多いのですが、大人になってからもオスグッドの症状が持続したり、あるいは大人になってから症状が現れる、という方もまれにいます。

オスグッドは成長期に特有の身体構造や骨の状態が、その症状の発生に大きく関係していると考えられています。
成人してからも身長が伸びる方など、成長期も人によって様々であり、中には骨が成長しきってない、固定していない人もいることから、あるいは子供の頃の後遺症として、こうした症状が出ると考えられます。

治し方は、やはり子供の場合と同じように、基本は痛んでいる間は脚を酷使せず、安静にしている、ということです。
また、患部を冷やしたり、消炎鎮痛剤などを用いるのも同じです。

そして、ある程度痛みが治まるのを待ち、大腿四頭筋のストレッチなどをして、筋肉をほぐします。

スポーツ障害の症状が現れる方は、子供も大人も筋肉の固い方が多いと言われています。
筋肉を柔軟にすることが、症状改善の有効な手段の一つなのです。

それでも痛みがひどく、生活に支障が出てしまう、という場合、子供ではほとんど用いられませんが、外科手術するという方法がとられることがあります。
手術で、痛みの原因となっている骨を取り除いてしまうのです。

しかし、手術は全ての治療が功を奏さない場合や、症状が重い場合、骨がすっかり剥離してしまって欠片ができてしまっている場合に限られます。

やはり、大人の治し方でも、基本は「膝に負担をかける動作はなるべくしない」「筋肉を柔らかくする」という2点につきるでしょう。
大人のほうがスポーツ障害は、運動する人数からすると割合は多いかもしれませんね

オスグッドにサポーターは効果ありますか?

はい!効果はあります!

ですが、これを付ければ運動できるというものではありません。
日常生活にも支障をきたすぐらい痛む場合につけると軽減はするとおもいますが、基本的には安静が大事です

オスグッドの痛みは再発するのでしょうか?

はい!します!

人の体は運動すると負荷がかかります!成長期は特に骨が伸びるので筋肉もあとから伸びてくるため、それプラス運動負荷で起きやすい。というだけで、太ももの筋肉の柔軟性がわるかったり、負荷がおおきくなると再発します。

オスグッドの痛みがなくなるストレッチ方法は?

痛みがとれるストレッチは、ございません。

ですが、ストレッチが効果がないというわけではございません。オスグッドは太ももの筋肉が膝のお皿の下についていて、そこが引っ張られて炎症を起こすスポーツ障害です。ですから太ももの筋肉が緩まれば痛みは軽減します。

オスグッドにシップは効果ありますか?

オスグッドは筋肉の付着部の炎症です。

ですのでシップは消炎鎮痛剤がはいっていくるの、炎症を和らげる効果はあります。成分によってはアレルギーもあるので、そこはお医者さんとご相談されたら良いと思います。

オスグッドで手術になるのはどんな状態ですか?

一概にはいえませんが、レントゲンを見たりして手術をしなければ軽減が見られないと判断されれば手術になるとおもいます。

ひどいと骨がはがれてしまいますので、そうなる前に運動制限とケアをしっかりやることが、大事です。

オスグッドにテーピングの効果はありますか?

効果はありますオスグッドもテーピングすることで患部にかかる負荷を軽減させることができますので、回復をさせる1つの材料になると思います。

膝の下が盛り上がってます。オスグッドでしょうか?

可能性はあると思います。

過去にもしかしたらぶつけてそこが少し隆起してるだけかもしれませんので、まずは痛みや運動時の違和感などがあるかどうかだと思います。

オスグッドはどれくらいの期間でなおりますか?

程度によって期間はかわってきますし、その方がスポーツをしながら直そうとしてるのかなどにもよるので、お話を聞いて掘り下げてみないとわかりません。

スポーツしながらオスグッドは治りますか?

みなさんはゴルフで肘が痛くなった事はありますでしょうか?

スポーツをしていると正直に患者さまにもお伝えしますが治りにくいです。例えますと、火に手を入れるとやけどしますが、火にてを入れたまま、やけど治りますか?と言われてるようなものではないかなと思います。

当然、火に手を入れたままでは炭になります。スポーツ障害も結果、取り返しのつかない状態になり、スポーツ事態をやめるはめになっては元もこもありません。

オスグッドに電気治療は効果ありますか?

はい!あります。

が、電気治療で治るということではなく、治りやすい要因が増えると思っていただくとよいと思います。

オスグッドは整骨院で施術をしてもらえますか?

はい、施術させていただきます。軟部損傷の部類になりますので、整骨院での施術可能です。

オスグッドになったら身長は伸びないのでしょうか?

そんなことは、ありません。

オスグッドは骨の伸びる時期に起こりやすいです。ですが、それで身長が伸びないと言うことではありません。

オスグッドの痛みは人によって違うのでしょうか?

はい。個人差はあります。

人により運動量も生活習慣、筋肉の質、など十人十色です。

オスグッドの痛みが治まったらいつから部活に出てもいいのでしょうか?

いつからと言うのは難しい質問ですが、なんでもそうですが、準備期間はいると思います。

いきなりオスグッドの痛みが出る前と同じようにやるのではなく、先生と相談しながら徐々に運動量を上げていけばよいと思います。

オスグッドは冷やしたほうがよいのでしょうか?

その時々で変わりますが、運動後は冷やしてください。

オスグッドが治ると身長も止まるというのは本当ですか?

オスグッドは成長期に起こりやすいいですが、治ると身長が止まると言うわけではありません。

オスグッドの痛みで病院に行ってますが何もしてもらえません。自分でできる直し方を教えてください。

太腿の筋肉が硬いと、患部が引っ張られる力が強くなるので、大腿部の筋肉のマッサージやストレッチをするといいと思います。

オスグッドの手術はどんなことをするのですか?

酷い場合は手術になると思いますが、剥離した骨をボルトでくっつける手術になると思います。

オスグッドの手術費用はどのくらいかかりますか?

することにより誤差はあると思いますが、大体20万円ぐらいと聞きます。

オスグッドの手術は保険適用されますか?

保険適用です。

何か保険適用でないものをやった場合、そうではない場合もあるかも知れません。

オスグッドで変形した骨は大人になってもずっとそのまま戻らないのでしょうか?

一度出っぱった骨は元には戻りません。

そこを直すとなると、形成外科の分野かもしれないので保険は適応しなくなると思われます。

ハートフル鍼灸整骨院の詳しい道順を動画でご案内

所在地

大阪府吹田市山田東2-10-8
06-6878-1122
お電話でのお問い合わせはこちら 06-6878-1122