スポーツ障害・治療|吹田市・摂津市・箕面市 ハートフル鍼灸整骨院

スポーツ障害

スポーツ障害の施術

スポーツ障害とは、運動によって起こる体の故障のことです。身体に無理な負担をかけると打撲や捻挫・筋の炎症・骨折の怪我だけでなく後遺症など障害が残る場合もあるのです。

スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

外傷

捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。

障害

特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肘、野球肩、ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。

※スポーツ障害とスポーツ外傷を合わせて、スポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。

スポーツ障害の主な部位と種類

むち打ち症等
野球肩、リトルリーガーショルダー等
野球肘、テニス肘
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
シンスプリント、アキレス腱炎等
足底筋膜炎、踵骨骨端症等

競技別に探せる!スポーツ障害事例集

野球

  • 野球肩
  • 野球肘
  • 投球障害
  • シンスプリント
  • 腰痛
  • ヘルニア
  • 分離症
  • すべり症
  • インピンジメント

バレーボール

  • ジャンパー膝
  • 足首の捻挫
  • シンスプリント
  • 足底筋膜炎
  • 指の骨折
  • 指の脱臼
  • 肉離れ
  • 打撲
  • インピンジメント

バスケットボール

  • ジャンパー膝
  • 足首の捻挫
  • シンスプリント
  • 突き指
  • 足底筋膜炎
  • 肉離れ
  • 打撲

ソフトボール

  • 野球肩
  • 野球肘
  • 投球障害
  • シンスプリント
  • 腰痛
  • ヘルニア
  • 分離症
  • すべり症
  • インピンジメント

サッカー

  • 足首の捻挫
  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷
  • 打撲
  • 肉離れ

ラグビー

  • 骨折
  • 肩の脱臼
  • 捻挫
  • 打撲
  • 肉離れ
  • 十字靭帯
  • 側副靭帯損傷
  • 半月板損傷

テニス

  • テニス肘
  • インピンジメント
  • シンスプリント

陸上

  • ランナー膝
  • ジャンパー膝
  • シンスプリント
  • 足底筋膜炎
  • 外脛骨炎

卓球

  • シンスプリント

バドミントン

柔道

  • 捻挫
  • 打撲
  • 脱臼

剣道

  • 肩の障害
  • 腰の障害
  • 膝の障害

スポーツ障害の治療法

スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。
RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

休息(Rest)

患部を包帯などで固定し安静にさせます。

冷却(Ice)

患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。

圧迫(Compression)

患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。

挙上(Elevation)

患部を心臓より高く上げることによりリンパの流れをよくして腫れを抑えます。

また、関節可動制限がある場合はその関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。
例えばテニス肘の場合、肘だけを診るのではなく肘関節と連動して動く背骨と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節可動制限を回復させることで、 より短期間に治癒することが多いです。

人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節、筋肉等、 いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いているのです。

スポーツ障害で最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うことです。
そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、整骨院、整形外科等を受診することです。

当院では、様々なスポーツ障害(野球肘・ランナー膝・シンスプリント等々)に対応しておりますので、お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

ハートフル豆知識~肉離れのテーピング治療~

肉離れのテーピング方法

この動画では、スポーツで肉離れを起こしてしまったときのテーピング方法を実演で詳しくお伝えしています。 ご自宅でテーピングをするとき肉離れが少しでも悪化しないようにお役立てください。

スポーツ障害のQ&A集

肉離れは整骨院でどんな施術をしますか?

整骨院に来られる患者さんでスポーツ障害で多いものの一つとして肉離れがあります。
肉離れが起こりやすい部分は、下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)の内側と大腿四頭筋(太ももの筋肉)とハムストリング(太ももの後ろ側の筋肉)です。
これらが特に肉離れが起こりやすい部分です。

今回は整骨院によく来院されることが多い、下腿三頭筋の肉離れを紹介したいと思います。
スポーツ障害といいましてもスポーツで起こる肉離れもありますが、そうではない肉離れもあります。
どちらかというと筋肉の柔軟性が低下した、大人の方がスポーツのやりすぎにより起こることが多いように思います。

肉離れが多い原因としては、柔軟性の不足と筋疲労が考えられます。

下腿三頭筋のスポーツ障害である肉離れの特徴としては、地面に足を着いたときに強い痛みを訴えるのが一番の特徴です。

下腿三頭筋とは、腓腹筋とヒラメ筋を合わして下腿三頭筋といいます。

下腿三頭筋の働きは、足関節を底屈(足首を下にする動き)させる働きがあります。

その為、テーピングを貼る際は、足関節を背屈動作(足首を下にする動き)を制限する必要があります。

下腿三頭筋の肉離れを起こした場合一番大切なのはRICE処置になります!

RICE処置とは、スポーツ障害だけではなく急性の外傷にはほとんど適応します。
R(休息)、I(アイシング)、C(圧迫)、E(挙上)の英語の頭文字を取っています。

肉離れ以外でも、どこかを怪我した場合はRICE処置がとても大切になります。

当、整骨院の肉離れの治療は、超短波(炎症を取り除く機械)
スポーツ障害は急性な外傷のため皮膚内で出血してることが多いです。
超短波で細かい振動を伝える事により細胞も活性かし、内出血の早期の回復損傷部位の回復の活性化を行います。

あとはテーピングを行います!
いくらスポーツ障害の部位を施術しても、そこに負荷がかかっていたら治るものもなおりませんので、安静が保てるように動きを抑制します。

シンスプリントはなぜおこるのでしょうか?

シンスプリントは、原因が自分では思い当たらないのに足(下腿部)の内側が走行後に痛むスポーツ障害です。

その他に、ふくらはぎ(腓腹筋)にも痛みがあり、スネの骨の際などを押すと激痛がはしる。
痛みの感じとしてはズーンと響くような痛みに感じることが多いのがシンスプリントの症状でもあります。

シンスプリントの痛みをほっておくと、大した動作ではない歩行や、立ち上がり動作でも痛みが出てきます。

ひどくなると、筋肉の牽引力により骨の際の部分が引っ張られて、骨折に至ることもありますので、痛みの軽いうちにシンスプリントは治療を行うことが早期回復、早期運動復帰につながります。

放っておいたからと言って、シンスプリントはなかなか自然治癒するものではありません。

シンスプリントの原因は筋肉の柔軟性
下腿部には、ヒラメ筋、前脛骨筋、腓腹筋などの筋肉が骨に付着しています。
その筋肉たちが、日頃の運動の疲労の蓄積が筋肉にたまり筋肉に柔軟性がなくなってきます。
簡単に言うと、引っ張っても伸びづらくなるということです。

そうなると骨に付着している部分の筋肉が骨膜(骨の表面の膜)が筋肉により引っ張られる力が増してしまいます。

その牽引力により骨膜に炎症が起きてくる。
これがシンスプリントです。

スポーツ障害では、この筋肉の付着部の炎症のものが多いです!

杭を立ててそれにロープを結び引っ張ると、その杭はいつかは抜けてしまいます。
それと同じような原理です。

シンスプリントにテーピングは有用
まずは筋肉が骨膜をを引っ張られる力を弱めてあげなければなりません。
そのためには、休養するのも大事ですが、日常生活はなかなか休養できないものです。

足首が動くことで下腿部の筋肉はひっぱられますので、足首の動きをテーピングによって可動域を抑えてあげるとシンスプリントの痛みはいくらか軽減します。

シンスプリントを治すためには
シンスプリントを治すには、テーピングだけではなく適切な治療をうけましょう!

スポーツ障害の治療はハートフル鍼灸整骨院におまかせください

ハートフル鍼灸整骨院は大阪府吹田市山田東でスポーツ外傷・障害専門の整骨院として、スポーツ選手を中心にスポーツ整体を組み合わせた施術を行っています。

オスグッド、シーバー、シンスプリント、ジャンパー膝、野球肩・野球肘、テニス肘、などの方が大勢来院され、成果がでています。

できるだけ早くしっかり治療をしましょう!

サッカー風景

ハートフル鍼灸整骨院の詳しい道順を動画でご案内

所在地

大阪府吹田市山田東2-10-8
06-6878-1122
お電話でのお問い合わせはこちら 06-6878-1122